特集

ホームの中の特集の中の特集2012夏「宇佐の夏」

宇佐観光の最新情報

記事を読むには下記の特集テーマをクリック↓ 特集バックナンバー

【涼】 を求める

安心院エリア

東椎屋の滝

暑い夏にマイナスイオンたっぷりのスポットへ出かけてみませんか?

東椎屋の滝は日本の滝百選に選ばれており、日光の華厳の滝によく似ているところから、「九州華厳」とも呼ばれています。落差は85mあり、断崖を落下したる水しぶきが一面に降り注いで、マイナスイオンが満ちています。入口から滝壷までは滝から流れる水や緑陰に囲まれて涼しく、まさにパワースポットへの径(こみち)です。
また、東椎屋の滝は、福貴野(ふきの)の滝、西椎屋の滝とあわせて"宇佐三瀑"と呼ばれ、国指定名勝の耶馬渓に含まれています。

観光スポットへ

福貴野の滝

裏からも見える滝

県道50号線近くの展望所から福貴野の滝を眺めることができます。
滝の高さは65m、「雄滝」と「雌滝」からなり、滝の裏から滝を見る事もできますので、「裏見の滝」という別名を持っています。
暑い夏に福貴野の滝を訪れると、身も心もすがすがしい気分になれるでしょう。

観光スポットへ
院内エリア

岳切渓谷

谷の一枚岩の上で歩いてみませんか?

岳切渓谷は、耶馬溪溶結凝灰岩でできた一枚岩の上を清らかな水が流れている渓谷で、川底がツルリとした一枚岩となっています。川の両側は自然林が立ち並び、水流と遊歩道が2キロも続いており、先には滝を眺めることもできます。
この一枚岩の川は水深が10~20センチ程度と浅く、川底はなめらかになっています。子供といっしょにプール感覚で水遊びをしても怪我の心配がなく、毎年涼を求める人やキャンプを楽しむ人で賑わいます。
キャンプ場は、夏だけの営業でバンガローがあり、炊飯場、トイレ、シャワー場もあります。駐車場前の売店では、地元婦人会の農産物等の販売もしております。

観光スポットへ

余の滝

【白布を三段四段に たちきりて 巌の上に たれさらすらむ】

これは「豊前誌」の中で余の滝の情景を描いている歌です。 余の滝は落差48mの本滝の下方に小滝が広がり、通常は水量も少なく、水が岩と岩の間をぬって落ちている風景はとても詩的であり、非常に趣のある滝です。「末広の滝」という別名を持っています。
滝まで遊歩道や駐車場が整備されています。近年、余谷の棚田や里山が宇佐市の新しい観光名所となっており、余の滝は納涼スポットとして、脚光を浴びています。

観光スポットへ
宇佐エリア

宇佐神宮

暑い夏は宇佐神宮の歴史の森をのんびり散策してみませんか?

夏に宇佐神宮の森を歩くと、凛とした雰囲気と緑陰の涼しさが真夏の暑さを和らげてくれます。夏こそゆっくりと、宇佐神宮の杜の中を歩きながら、歴史を感じてみませんか。境内には弥勒寺跡、菱形池周辺や願かけ地蔵などのスポットがたくさんあります。また、7月中旬~8月上旬にかけて、宇佐神宮では原始蓮の咲きほこります。
この夏は、「原始蓮」の観賞や、涼を求めに訪れてみませんか?きっと皆さんのお気に入りスポットが見つかるはずです。

観光スポットへ

かんぽの郷宇佐(プール)

夏といえば水遊びですね♪暑い夏にひんやり冷たいプールで遊びませんか?

かんぽの郷宇佐では流れるプール、ウォータースライダーや幼児用のプールが完備しています。プールのほかに、体育館やサウナ付きの天然温泉もあり、宿泊することもできるマルチレジャースポットです。

観光スポットへ

和間海浜公園

夏でも宇佐のアウトドアスポットを楽しもう!

宇佐市の和間海浜公園では毎年3月下旬から9月まで宇佐のアウトドアスポットが楽しめます。和間海浜公園ではあさりやマテ貝が採ることができます。駐車場、トイレ、シャワーなどの設備が完備しています。その他に、遊具や売店もあり、のんびりと宇佐のアウトドアスポットなどを楽しむことができます。ここではバーベキューもできますので、毎年宇佐のアウトドアスポットの季節になると市内外からたくさんの観光客が訪れています。

観光スポットへ