ホームの中の特集の中の特集2013年秋「宇佐の山特集」

宇佐観光の最新情報

宇佐市内には多くの山々が存在し、宇佐の自然を彩ります。近年、トレッキングや登山が注目を集めており、登山客が急増しています。また登山を楽しむ人たちの年齢層も幅広くなってきており、それに伴い登山道の見直しや整備も行われています。宇佐の山々は、これから秋の紅葉シーズンが本格的にスタートします。登山を通じて、自然の偉大さを体感してみてはいかがでしょうか?

記事を読むには下記の特集テーマをクリック↓ 特集バックナンバー

宇佐エリア

御許山(おもとさん)

御許山は、その昔、馬城の峯と呼ばれ、宇佐神宮の奥宮「大元神社(おおもとじんじゃ)」がある霊山です。登山道がいくつかあり、西屋敷(にしやしき)方面から登るコース、宮迫(みやさこ)方面から登るコース、正覚寺(しょうかくじ)方面から登るコースがあります。その中でも、登りやすいのは正覚寺(しょうかくじ)方面から登るコースです。比較的緩やかな上り坂が続く道を30~40分程度で山頂(647m)へ到着します。宇佐には「宇佐に参るなら おもとに参れ おもともと宮 もとやしろ」という盆踊りの口説きもあるほどで、その頂上に位置する大元神社は自然の雄大さ・神秘さを感じさせてくれる場所であり、パワースポットとして、今注目を集めています。年に一度、毎年4月29日(昭和の日)に行われる大元神社の例祭は、毎年多くの参拝者で賑わいます。御許山の近くには、「かんぽの郷(かんぽのさと)」や「まほろば温泉菟狭(まほろばおんせんうさ)」がありますので、登山のあとは是非宇佐の温泉で癒されてください。そのほか、宇佐エリアにもたくさんの温泉がございます。

その他の温泉の詳細はこちら
御許山参道

今秋、「おもと古道宇佐市民登山会」が開催されます。

開催日
平成25年11月3日(日)
集合時間
午前8時
集合場所
宇佐神宮球場駐車場
参加費
無料(定員:150名) ※保険は各自でご準備ください。
準備するもの
登山ウェア、登山靴、水などの登山用品
 ※小雨決行、片道3時間ほどの登山を予定しています。(今回は、宮迫方面から登山予定)
『おもと古道宇佐市民登山会』イベント情報はこちら

当日の流れ、申込方法などに関しては、こちらをご確認ください。
おもと古道宇佐市民登山会は、多くの方々に登山を楽しんでいただきたいと今回はじめて企画されたものです。気持ちの良い風を肌で感じながら、是非宇佐の秋を体感してみてはいかがでしょうか。山頂では、おむすびのふるまいも行われる予定です。(数に限りがあります)現在、参加者を募集中です。是非、お誘い合わせの上、ふるってお申し込みください。

大元神社社殿
大尾山登山道からの景色